忍者ブログ
Admin / Write / Res
ルルーシュです。(hamaから改名しました) アイズ講習生251期生 彼女いない暦=年齢のオタク男がナンパによって彼女を作るために試行錯誤していくブログです。
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして、待ちに待った講習当日

そわそわして落ちかなく、早めに現地についてしたっていました(笑)

そしてアイズさん到着

全然イメージとは違って、おしゃれな全然ナンパしなさそうな

お兄さんって感じでした(やっぱりギャル男っぽい人を想像していた(笑))

とりあえず、喫茶店で座学

情報量多い、ノートに書くこと多すぎで、ナンパやる前にクタクタになりました(笑)

小休憩後、実践に

アイズさんに手本の声掛けをしてもらう

ナンパするのはじめて見て感動しました・・・

次は隣で会話聞かせてもらうのですが羞恥心で離脱(笑)

こんなで自分声掛け出来るのかなと思っていました

てことで、指名してもらい声掛けする

指名グダしながら、人生初ナンパ

自分がしゃべった言葉は、「こんにちは」、「どこ行くんですが」ぐらい(笑)

頭が真っ白で言葉が出てきません

人生の中で1,2を争うくらい緊張しましたね~汗ビッショリでした

そんなで結果でるハズもなく10声掛けぐらいで終了

でも、すごくすがすがしい気分でした

ずっと逃げてきた自分に少しは立ち向かうことができたのかな・・・と

その夜は、精神的な疲れと満足感ですぐ眠りにつきました。

よし、もうガンガン声を掛けられるだろうと思うも

次にナンパするときには、地蔵という壁にぶつかることになります・・・










PR
さあ、ナンパ始めるぞ~と言っても

いきなり声を掛けられるわけでもないので

色々、ネットで情報収集をする

そして、その中のナンパ塾にひとつを受講することにしました。

それが

路上もひとつの出会い

いうブログでした。

決め手になったのは、ブログを書いている人(アイズさん)の人柄に惹かれたからです

なによりナンパ師っぽくないブログだったからです(笑)

ネットで知り合って人と会うということもしたことなかったので

講習をお願いするメール書いて出すまでは、相当悩みました。

そして、講習日が決まり、講習日の前日には

「ナンパ講習ってどんなことやるんだろう?」

「ホントに俺は声掛けられるんだろうか?」

「ナンパって番号聞くとか、SEXするとか都市伝説じゃないよな?」

など、色々な思いを巡らせて、期待と不安で全然眠れませんでした(笑)

そして、人生初のナンパ、ナンパ講習へ・・・

[ナンパの始まり2へ]




新たな期待を胸に社会人になり、何かが変わるだろうと思っていたが、

現状は・・・出会いもない、学生時代よりも時間がないという

さらに悪い環境でした

会社で探すのは諦め、友達の紹介、合コン、テニスサークル

で出会いを捜すが、人見知りで結局うまく話せないため意味なし(笑)

そしてもう彼女は出来ないんだな、魔法使い(30歳まで童貞)になるしか

ないんだな・・・と諦めかけていたところ

あるブログを見つける。

ひきこもりナンパブログ

そのブログを読んでみると・・・すげぇと世の中にはこんな人も

いるんだなぁと衝撃を受けました。ナンパするのはギャル男だけじゃないんだな

僕ははまだ、人見知りだけど人とはまだ普通に会話するくらいはできるし、まだまだ

できるんじゃないだろうか・・・

ナンパなんて軽い相手じゃ嫌だからっていうのを

言い訳にやってなかったんじゃないだろうか?

自分が傷つくのが嫌だから、女が悪いと決め付けて

何もしてこなかったんじゃないだろうか?

自分はホントに最大限の努力したんだろうか?

悩みました・・・でも、これは自分を変えるチャンスじゃないか!

ナンパできるようになれば、自分でいつでも出会いを作れるし、

人見知りもなくなり、人をあてにする必要も無くなる。

・・・よしナンパしよう。これが自分とナンパの出会いでした。

そして、ナンパの世界へ・・・

[ナンパの始まり1]
そんなこんなで入った学校(専門学校)はなんと理系のほぼ男子校へ

いなくはないですが、男女の比率は5:1ぐらいの学校でした

その時は、そんなに深く考えていなかったんですよね

自分は真面目だし、それなりに普通だから彼女できるだろうと

意味のない自信がありました(笑)

いつかは女の子もわかってくれるだろうと

結局そんなことはなかったんですけどね

高校に入ってからはさらに女の子と話すことは

減り、一週間に一回話せればいい方でした(笑)

また理系な学校だったのでオタクな人がおおいんですよね

さらに寮生活してたこともあり、その人たちの影響も受けて

オタク趣味にハマる(笑)

オタク趣味にハマっても、二次元があればいいとはどうしても

思えず、彼女が欲しいという思いは日に日に募って行きました。

しかし、友達に紹介してもらっても、メールは続かず

出会い系的なものもやりましたが、写メを送ったら

返信がなくなるという・・・

そこで、さらに自分のルックスは駄目なんだなと

かなりルックスにコンプレックスを持つようになる

オタク趣味がいけないんだなと思い、やめるが

結局なんにもおこらず

どうして俺は彼女出来ないんだろう?

一生彼女出来ないんじゃないだろうか?

モテる人間はやっぱり才能なのだろうか?

と思うもどうしても諦めきれず男子校で女の子と出会いがないからだという結論に

そして卒業して就職することになりました

まぁ、社会人になったら彼女もできるだろうと

しかし、また同じ失敗を繰り返すことに(笑)

なぜなら就職した会社はIT企業のため

男女比率がさらにやばい7:1ぐらいのところへ・・・

[ストのきっかけ3へ]
こんにちは、hamaです。

ストのきっかけについて書こうと思います。

誰でもあると思いますが、僕自身も昔からモテたいとか、彼女がほしいという感情は持ってました。

しかし、小学校から僕は人見知りで(男友達はそれなりにいましたが)女の子と話すのなんて

上がりまくりで、小学校のころは好きな人と話したらすぐに顔が赤くなったのを覚えています。

小学校のころって好きな女の子を知られるとからかわれますよね!?

それが嫌で、絶対誰にも言わないようにしていたんですが僕の態度で

わかりやすくすぐばれるみたいでした(笑)

それもあって、女の子とはあんまり話さなかったのかもしれません。

そして月日は流れて、中学校に入るも人見知りは治らず、女の子と話すのもほどんどなかったです。

かなり仲の良かった友達が女の子に躊躇なく話かけたりチョッカイを出したりするのを羨ましく

見ていました。しかもその女の子は小学校のころからずっと好きだった子です。

まぁ、そんなだからその友達は僕の好きな人に告白されていました。

かなりショックを受け、すごく辛かったです・・・

なぜそんな結論になったか分かりませんが考えた結果、自分のルックスが悪いということにしていました。

今考えるとそんなことはなかったとは思うんですけどね

そんな結論をだしてしまったため自分には手が届かない人で無理だなと・・・

結局、小学校、中学校ともに告白されることも告白することもなく卒業へ

高校にいったら彼女もできるだろうと・・・

しかし、そんな思いも裏切られ暗黒の高校時代へ・・・

[ストのきっかけ2へ]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/29 浜]
[11/01 ウィナー]
[10/25 ハル]
[10/12 ルルーシュ]
[10/12 たくみ]
最新トラックバック
(10/03)
プロフィール
HN:
ルルーシュ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
Copyright ©  ナンパ成長日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]